ベトナムIPM人材株式会社

IPMのニュース

  • ベトナムIPM送り出し機関の実習生の感想

    御客様の繁栄が私達の繁栄、御客様の成功が私達の成功」とベトナムIPMは常に考えており、優秀な実習生を育成し、日本の企業様並びに監理団体様に提供しております。その為、ベトナムIPMは日本の企業様及び監理団体様だけではなく、ベトナム人労働者にとって最良な選択肢であると言われています。それではベトナムIPM送り出し機関の教育センターで学習している実習生達の感想をここでご紹介致します。

     

市場のニュース

  • ベトナムにおける信頼できる送り出し機関を選ぶ基準

    日本の企業様並びに協同組合様にとって優秀な人材を受け入れる為、信頼のおける送り出し機関を見極めることが難しくなりつつあります。日本の企業様や協同組合様の懸念を払拭し信頼のおける送り出し期間を選ぶ基準を、ベトナムIPM送り出し機関(以下ベトナムIPM)がご紹介します。

  • ベトナムに於けるトップ4の信頼の厚い送り出し機関

    その結果、日本の企業・協同組合にとって、信頼の置ける送り出し機関を選択することは難題になりつつあります。現在の現状を見るに、Batimex会社、ベトナムTTC会社やIVY HR会社やAu Viet会社などは現在人材 派遣事業に於いて、信頼の厚い送り出し機関であると言われています。

  • 「特定技能」資格を取得した初のベトナム人 5年間日本で働く

    今年の6月に、エレベーター・昇降機専業メーカーの大澤工業(富山市池多、中村秀行社長)は13日、同社で技能実習生として働いたことのあるベトナム人男性(33)が特定技能者の認可を受けたと発表しました。ブー・ディン・ゼップさん(33)は2013年から3年間は技能実習生として、その後は、過去建設分野で技能実習を行った外国人技能実習生に対して与えられる在留資格で大澤工業に勤務し、溶接技術を身につけました